head_img_slim

ご予約・お問い合わせは下記よりお願いします
TEL. 06-6310-3025
休診日:木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

HOME > 糖尿病教室> 『糖質制限食』 再考(補遺)

糖尿病教室

『糖質制限食』 再考(補遺)

この文章は「糖尿病と食」と「糖質制限食 再考」の間に、自由に書いたものです。
不十分な箇所がありますが、上の二つの文章を補うものとして読んでいただければ幸いです。

1.はじめに
2.炭水化物(糖質)制限食の考えに出会う
3.栄養素の代謝を考える
4.インスリンの働きと炭水化物(糖質)制限食の関係について考える
5.糖質制限食とカロリー制限食 ― 大事な考えの相違
6.糖尿病の病態(糖尿病をきたす原因なり要因)を考えると、炭水化物(糖質)制限食は理にかなっています
7.炭水化物(糖質)制限食の考えに落とし穴はあるでしょうか
8.炭水化物(糖質)制限食の要点は糖の代謝から脂肪酸の代謝への変換です
9.糖質制限食と食の文明
10.糖質制限食のエビデンス
11.糖尿病食としての地中海食
12.ある糖尿病専門医の文章に出会う
13.オーダーメード糖尿病食
14,おわりに

はじめに

このブックレットでは、糖尿病と食について、考えます。
糖尿病の患者さんにとって、どのような食事療法が、血糖のコントロールを良くするとともに、その人の好みに合い、実行しやすく、長続きがするでしょうか。
従来の、糖尿病の食事療法は、一日に食べる総カロリー(主食や副食を含めた総量)を控え、半分強のカロリーを炭水化物(糖質)から摂取する食事療法です。
タンパク質を控え、脂肪の量を減らす脂肪制限食です。そして、総カロリーを計算するために、それぞれの食品について、どのぐらいの量が何カロリーになるのか、食品交換表と呼ばれている表に基づいて、理解をしなければなりません。
患者さんにとっては、なかなか煩雑な食事療法ですし、かならずしも患者さんの嗜好に合った、食事とは言えません。多くの方の目から見れば、ご飯や麺類を中心した主食の量が多く、副食に豊かさがありません。さらに、糖尿病の食事療法なのですが、総カロリーの中にしめる炭水化物(糖質)の量が多いですから、食後には血糖は高くなりやすいのです。というのは、食後に血糖を上げるのは炭水化物(糖質)だけだからです。
ですから、従来の糖尿病の食事療法には、限界があると言えます。
最近、このような反省に立って、新しい食事療法が提唱され、有効性が確かめられつつあります。炭水化物(糖質)制限食とそれを味付けする地中海食です。
このブックレットでは、あたらしい食事療法を説明し、糖尿病のテーラーメード食事療法を提唱します。


ページトップに戻る